デザイナーズハウス、デザイナーズ住宅を提供するカルティーバ

TECHNOLOGY

心豊かに暮らす「快適な空間」を支える

地震と熱に強く、自由なデザインを可能にする構法で、カルティーバの家を支えます。

耐震 最新の金属工法

カルティーバでは、従来の金属工法から、
接合部に金物を使うことで耐震性能が飛躍的に向上した新しい金属工法「SS LOCK」の使用に移っております。

「SS LOCK」は木造在来軸組工法の強度を飛躍的にアップさせることができる金属工法です。実大振動台実験試験と第三者機関による性能試験済みで倒壊防止を実証されています。

耐震 最新の金属工法

基礎となる柱や筋交いに、耐震金属を取り付けています。これにより、接合部分の破損を防ぐことができるとともに、地震による家屋の歪みを防止し、倒壊を防ぎます。

柱抜けを防ぐために基礎と柱を緊結するのが、ホールダウン金属です。阪神淡路大震災において、この金属が付いていた3階建ての住宅が倒壊しなかったという例が多く報告されています。

床組や小屋組の隅角部の水平方向の補強を火打ちといいます。火打ちを施すことで、三角形の原理により、揺れなどの振動に対して格段に強度が増します。

耐震 最新の金属工法

カルティーバでは、天井と外壁に断熱の中でも遮熱素材を使っております。例えば、外壁には、住まいに侵入する輻射熱を抑え、防風性に優れ、環境にも優しい素材のラミテクトサーモを使用しております。

住まいに侵入する輻射熱を抑え、防風性に優れ、環境にも優しい素材です。夏の室内の温度上昇を抑えて、暮らしを快適にします。

耐震 最新の金属工法

●WSハイブリッド
サスペンション構法

綿密に計算されたサスペンション(吊り)構法により、従来の木造住宅に比べ、設計の自由度が飛躍的にアップしました。1階部分に柱のない空間を設けるといったデザインが可能です。