cultiva カルティーバ

© 2018 Akaike Ironsmith Construction,Inc. All Rights Reserved.

HOWTO家づくり

How to make house in cultiva

cultivaのあなたっぽい家づくり

私たちの家づくりは、真っ白なキャンパスの前に立つことからスタートします。
家を建てたいけどまず何をすればいいのか分からない。
そのような方に、家づくりの流れをご案内します。

01

未来のくらしを描いてみる

描くのは、あなたらしい暮らしや夢、家族の未来…
下手でも、はみ出たって気にしない、気にしない…。
だれに遠慮することもなく、自由に、楽しく、どんどん描き続けていきましょう。

02

展示場や完成見学会に出かけてみよう

描いたイメージを具体的にしていくために、展示場や完成見学会へ出かけてみましょう。
実際に見て、聞いて、体感することで、家のアウトラインが少しづつ見えてくるはずです。

03

わからないことをクリアにする

具体的に家を建てるにはどうしたらいいのか?そんな時はプロに相談してみましょう。
家づくりのプロセスを知りたい、土地を探したい、資金計画やローンの仕組みを知りたいなど、どんな疑問にも丁寧に応えてくれます。

04

家のカタチを組み立てる

さあ、ここからが「あなたっぽい家」を建てるための一番大切なプロセスです。頭の中に描いたプランを立体的に組立てる作業です。土地探しや敷地調査も同時進行で行います。
広さ、取り入れたい設備などを考慮しながら、間取りを組み立てていきます。納得できるまで何度も話し合いを重ねましょう。

05

最初の設計プラン

前回組み立てた家のカタチやイメージと、敷地の条件や法的規制とを照合しながら設計士が実際にプランを図面におこします。
打ち合わせにたっぷり時間をかけてください。納得するまで設計士に質問しましょう。
概算の予算もわかるため、銀行への仮審査も受ける事が可能になります。

06

仮契約、そしてさらに具体的なプランへ

仮契約時に預かり金5万円が発生しますが、本契約にいたらなかった場合は、全額返金いたしますのでご安心を。
本契約にいたった場合は、工事請負金額に充当されます。

07

プラン確定

プランが確定した時点で、最終的な見積もりを提出。
銀行のローンの本審査もこの段階で受けることになります。

08

本契約

いよいよ本契約となります。ローン申込みのほか、地盤調査をし、必要であれば改良工事を実施。
建築確認申請の許可を取得します。

09

住まいの色づけ

さあ、ここからは家に色をつけていく楽しい作業です。外壁、床材、キッチン、バス・トイレなどの仕様や配置したい家具など、インテリアコーディネーターと相談しながら決めていきます。
ひとつアドバイスさせていただくなら、モノではなく、人が主役の空間づくりがポイントです。過剰な設備や仕様は避け、本当に必要なものを見極めていくことが“あなたっぽさ”を引き立てます。

10

いよいよ工事の始まりです

地鎮祭・着工・上棟式を済ませたらいよいよ工事がスタートします。
基礎工事から始まり、大工工事・電気工事・設備工事・外壁工事など多くの種類の工事が行われます。
工事期間は約4~5か月。目の前で家が出来ていくのを見るのはなんともいえない喜びです。

11

各種検査・完成・引き渡し

安心安全を届けるため責任施工を徹底しています。工事の進行にあわせ、第三者機関(JIOジオ)による基礎配筋検査・構造検査・防水検査・外部検査を実施。
また完成時には、第三者機関の完了検査はもちろん、社内スタッフ全員参加による検査も実施。全てがクリアした段階で、待ちに待った引き渡しとなります。

12

アフターフォロー

家を長持ちさせるコツは、メンテナンスを怠らないこと。カルティーバでは、1か月後、6か月後、1年後、2.5年後、5年後、7年後、10年後と社内または第三者機関JIO(ジオ)による定期点検を実施。もちろん、それ以外でも気になる場合は随時点検に伺い、10年以降も何かあればすぐに駆けつけます。
※第三者機関JIO(ジオ)の建物保険10年ほか、自社保証とし、地盤保証10年、防水工事保証10年、防蟻処理保証5年がついています。